おしらせ


 

成人祭 はたちの旅立ち はればれとご参拝を!!

令和3年の成人は1月8日㈯

令和4年の成人は1月9日㈰

時間はいずれも午後0時30分より

・当日時間まで社務所へ(会費等不要)

・新成人の皆様の前途を祝し、ご活躍を祈願してお守り・お赤飯等を差し上げます。

・市の成人式に間に合うように終了します。

 

 

厄祓い 心身安全祈願祭 厄年の厄を祓って良い年に

すがすがしい新春の神前で健康と繁栄を祈願しましょう

〈日時〉

1月3日㈪・1月8日㈯

1月9日㈰・1月10日㈷

時間はいずれも午前9時より正午まで受付

・参集殿神殿で分散して随時斎行します。

・受付順に1回十人前後

・祈願料 4,000円以上のお志

当日社務所受付へ。祈願のあと、厄祓い神符・お守り・ご神饌・厄除け箸・縁起ふきん等を授与します。

※他の日時希望の方は、電話で事前に社務所に予約を!(不在の場合あり)

 

松納祭=どんどやき 

1月15日㈯・16㈰

時間はいずれも午前9時より午後4時(夜間の持ち込みはできません!)

・12日から受け入れます。

・社務所前で、門松やしめ飾り、古神札などお持ちの上お焚き上げください

(プラスチック類は燃やせません)

 

 


例年祭事


各祭事をクリックして下さい。

●1月1日 歳旦祭

●1月3日・8日・9日・10日 厄祓祈願祭

●1月6日 殉難碑慰霊祭消防出初式

●1月8日(令和3年の成人)1月9日(令和4年の成人)成人祭

●1月8日 空手道武徳会けいこ

●1月15日 松納祭(どんどやき)

●2月3日節分 節分祭福まき追儀式

●2月11日 紀元祭・天長祭

●3月3日 人形感謝供養祭

●3月中旬 祈年祭

●3月春分 春分祭・祖霊祭

●4月29日 昭和祭

●5月中旬 桜花祭

●5月第三土曜日 聖徳神社宵宮祭

●5月第三日曜日 同本祭

●6月13日 古峯龍尾神社祭

●6月30日 大祓式

●7月14日 例大祭宵宮祭

●7月15日 例大祭・御神幸式

●7月16日 後日祭・産子祭

●8月11日 針供養針塚祭

●9月社日 地神祭

●9月秋分 秋分祭・祖霊祭

●9月下旬 獣魂祭

●10月15日 七五三祝祭

●11月3日 明治祭

●11月15日 七五三祝祭

●11月23日 新嘗祭

●12月31日大祓式・除夜祭

皆様の安らぎと安全をお祈りします


●新車を購入したら安全祈願、お祓い、入魂式を!

自動車 オートバイ トラクター 機械器具



●新築、改装にはお祓いを!

地鎮祭 上棟式 新宅祭 家移祭 開店創業祭



●結婚式は神前でおごそかに

神殿前まで自動車で上れます


 

●安全祈願 命名祭 初宮まいり(うぶこ祭り) 七五三まつり

合格祈願 就職祈願 ●十三参り ●厄ばらい祭 ●歳祝長寿祈願

 

その他 各種祭事は 早めにご依頼を。 

早見表はクリックすると拡大されます。


開拓守護神として創祀、広く生活守護の神として崇められております。


北海道自然100選

桜の名勝 九十九山

 神域の九十九山は屯田兵百戸が移住、うち一戸が入居直後火災で剣渕の空兵屋に転出、九十九戸で士別の開拓が開始されたことに因んで名づけられ、道北一の桜の名勝として有名です。エゾヤマザクラのほかエゾカスミザクラも有り、明治以来郷土と桜を愛した先人市民が年毎に植樹を重ねたものです。毎年5月開花前後、観光協会は桜まつりを開催賑わいます。

MAPをクリックすると大きく見ることが出来ます。


 周囲2.5キロ、10町歩に余る広大な境内には、ミズナラ等の自然木とトドマツ・士別のマチの木ナナカマド等60種以上の大小樹木がこんもりと繁茂し、緑深き鎮守の守を形づくっています。
 それに40種を越える野鳥の森、昆虫や草花の種類も多く、エゾリスが駆け巡り、エゾモモンガの生息も確認され、中心街至近の貴重な自然の宝庫でもあります。
 坂道を鍛錬する運動選手や子供の声がコダマし、散策や憩いの杜としても親しまれています。

 境内は101.186平方メートルという北海道神宮に次ぐ本道第二の広大な広さです。北海道環境緑地保護地区、北海道自然百選にも選定されています。